武左衛門一揆1

武左衛門一揆というには、寛政五年(1793)に当時吉田藩だった今の鬼北町・宇和島市と西予市の一部で起こった百姓一揆です。その頭取とされた武左衛門がいたのが鬼北町上大野で、同町下鍵山には「武左衛門一揆記念館」があります。西日本で成功した一揆の代表として、広く知られています。

伊予吉田三万国の紙専売制に反対し、さらに藩政改革を狙って起こった一揆です。この一揆で直接亡くなったのは、責任を取って切腹した吉田藩末席家老・安藤儀太夫と頭取として処刑された武左衛門の二人だけでした。